BLOG

ワン極…じゃなくて…にゃん極…でもない 愛と希望と勇気の日

2020/01/14

こんにちは!

アップルワールドの久野です!

 

本日は1月14日

1月も半分が過ぎようとしています。

 

ホントにちょっと前がお正月だったような感じですが…

なんて、毎回言ってますね笑

でも、本当に光陰矢の如しという言葉通り

時が経つのは早いなぁ

 

で、そんな1月14日なわけですが

ツイッターのトレンドを見てみると

「愛と希望と勇気の日」

というワードが目に留まりました。

 

愛と勇気…
なんだか、アンパ〇マンの主題歌が頭に浮かんで来そうですね笑

この「愛と希望と勇気の日」というのは

映画「南極物語」で知られる

南極の氷原に取り残され、1年もの間生き長らえた

カラフト犬「タロとジロ」の生存が確認された日であり

それを讃えての「愛と希望と勇気の日」であるそうなんです!

 

僕も、タロとジロの話は、知識程度には知っていましたが

それが「愛と希望と勇気の日」という名で伝えられているのは
初めて知りました!

 

なんというか

歴史なんかもそうなんですけども

「ただ何がどこで誰がどうなったか」”ただ知ってる”っていうだけって

知ってる事は素晴らしいことなんですけども

それだけだと”もったいないな”と思う事がありまして

 

やっぱり、「登場人物がどんな気持ちでそれを行ったか」とか

自分なりの”感動”とか”感情が動く”みたいなものに直結すると

そこに深みが増すなぁみたいな感覚ってあるんですよね

 

なので、これを機に、「南極物語」を観てみたいなぁ、なんて思いましたし

 

皆様もこれを機に、観てみてはいかがかなぁ、なんて笑

 

それでは~~