BLOG

バレンタインの今日は、必ずと言って良いほどお世話になっている”アレ”が初めて導入された日!

2020/02/14

こんにちは!

アップルワールドの久野です!

 

本日は2月14日!

バレンタインデーですね!

 

家族や恋人、または同僚などからチョコレートを貰う日ですね~

 

元々は女性が男性にチョコレートをあげる日みたいですが

最近はもう関係なく思い思いの人に思い思いのプレゼントを渡すみたいな笑

そんな自由度ですね~笑

 

さて、そんな2月14日ですが

実は、僕たちが必ずと言って良いほどお世話になっている

”アレ”が初めて導入された日でもあるんです!

 

みなさんはこの記事を、なにで読んでいらっしゃいますか?

 

パソコンで見ていらっしゃる方が多いとは思いますが

同時に、スマートフォンで見ていらっしゃる方もいると思います。

 

そのスマートフォンで、どこかお店などを探す時に

MAP機能を使うと思います。

 

そう、そのMAP機能にも必須と言って良い”GPS機能”!

これが初めて導入された日が、1989年の今日、2月14日なんです!

 

正確に言うと、GPSの最初の24機の衛星が投入された日です。

 

2020年の今では当然に普及している機能ですが

そのベースとなる衛星が打ち上げられたのは

わずか30年前なんですね~。

 

そしてそのGPS機能は

車を運転する上で今やほとんどの人が活用している

「カーナビ」にももちろん利用されているわけで

 

ほとんどの人にとって無関係ではない機能なんですね~。

 

そんなGPSを使ったカーナビ機能ですが

実は、かの有名な

”あの理論”が技術として用いられていることはご存知でしたか?

 

 

…はい、ここでサムネイル画像の回収です笑

そう、アインシュタインの”相対性理論”!

 

なんか聞いたことはあるけど、実際どんなものかは知らない!

そんな人も多いハズ…(ちょっと前まで僕もそうでしたし…笑)

 

しかし、先述したように

誰しもが使うGPS機能にも、この相対性理論が用いられているんです!

 

相対性理論とは、ざっくり言うと

「早く移動している物体は、

ゆっくり移動している物体よりも進む時間が遅い」

というもの。

 

なんだかイメージがつきにくいものではありますが笑

これが実際にGPSを用いたカーナビの機能に利用されているんです。

 

というのも、衛星というのは我々よりもかなり早く移動していますし

地球よりも重力がかなり弱い宇宙空間に存在しているということもあって

 

相対性理論を考慮していなければ、

1日に10万キロ以上もの誤差が生じてしまうんだとか…

 

私たちが正しい位置情報を受け取り

ナビを使って快適に運転出来るのは

かの有名な相対性理論のおかげでもあるんですねぇ

 

というわけで!

バレンタインデーで甘いひと時を過ごしながらも

アインシュタイン博士に感謝しながら過ごしていこうと思います笑

 

それでは~~