BLOG

嫌ぁなガラスのウロコ…除去するための3つの方法!|愛知県の車買取はアップルワールド刈谷店へ

2020/06/23
ガラスのウロコ 愛知県 車買取

こんにちは!

アップルワールドの久野です!

 

突然ですが、皆様のお車のガラス
よーーく見てみると、白い雨粒の痕みたいなものが、ヒョウ柄みたいにツブツブとついていませんか?

これは「ガラスのウロコ」と呼ばれるもので
雨染みが化学反応を起こして固着してしまっていて
洗車しても落ちないものになっているかもしれません。

このウロコがあると、見た目が悪いだけでなく
車の視界がわずかにぼやけてしまうことで、運転がしにくくなります。
そしてそれは、疲労を呼び重大な事故を招くかも…

そう考えると、普段から処理しておきたいですよね。

それでは、洗車でも落ちないガンコなガラスのウロコは
どのようにして除去出来るのでしょうか?

この記事では、3つの方法をお伝えしていきます!

 

①ガラス用コンパウンドで手磨きをする

もっとも一般的で、初心者でも一番手を出しやすい方法です。

ガラス用コンパウンドとは、ガラス用の研磨剤の事です。

「研磨剤」と聞くと、
「ちょっと手を出しづらいな…」
「ガラスをキズつけてしまったらどうしよう…」
という考えが出てしまうかもしれませんが

よほど「強力!」と書いていなければ、手磨きでガラスにキズが入るリスクは少ないのでご安心ください。

また、1000円弱の安価で買えるのも魅力です。

やり方も簡単で、付属のスポンジに液剤をつけて
ガラスを縦と横報告にシャリシャリとこするだけです。

難点があるとするならば、少し時間と労力を食ってしまうことくらいですね。

一番リスクを少なく実践する分には、これが最も有効だと言えますね。

 

②機械とガラス用コンパウンドを使って磨く

車用の「ポリッシャー」と呼ばれる機械を使って磨く方法です。

手磨きに比べ、電動で磨いてくれるので非常に早く、楽に作業が済みます。

キズをつけにくい、失敗しにくいポリッシャーもあるのですが
少し値が張ってしまうのと、初心者が実践するには少し難しいかもしれません。(車の作業をする場所で、電源を持ってくるのも難しい場合もありますので)

ポリッシャーを持っていて、ある程度磨きに自信のある方は
ポリッシャー磨きが効率の良い方法かもしれませんね。

 

③化学溶剤を使って分解除去する

酸性のケミカルを使ってウロコを除去する方法で
もっとも素早く、強力にウロコを除去する手段になります。

非常に強力な手段になるのですが
失敗するとガラス面が白ぼけてしまったり、誤ってボディに液剤が飛んでしまうと、塗装面に重大なダメージを与えてしまいかねません

なので、厳重に養生をするなどする必要があります

 

私がおすすめするのは、やはり手磨きで確実に落としていく方法

一度覚えてしまえば、安価で、気軽に、簡単に行える作業なので

ぜひ、ガラスをキレイにして、下地処理をした上で撥水コーティングを塗ってあげて、これからの梅雨のシーズンを乗り切りましょう!

ARCHIVE

NEW