BLOG

風の強い日の運転で気を付けたいこと|愛知県の車買取はアップルワールド刈谷店

2020/10/10
台風 刈谷市車買取

こんにちは♪アップルワールド刈谷店の星野です(^^)/★




 

強風の日に運転をしていて怖いと感じたことはありませんか?
車が強い風を受けたとき、スピードが速いほど車体が影響を受けやすくなります。
風が強い日の高速道路の運転など、ハンドルを取られた経験のある方も多いかと思います。

 

強い風で車体が滑ると、道路とタイヤの間に強い摩擦が起こり、車体がグラっと傾いてしまうことがあります。
車体が大きければ大きいほど風の影響を受けやすくなるので、
トラックなどの大きな車はより横風の影響を受ける危険があります。

 

ではどのようなことに注意をすれば、安全に運転ができるのでしょうか。

 


▼走行する場所によって注意して走行する

風の強い日はなるべく速度を出さないために、高速道路などを避けたいところですが
そういうわけにもいかないので、走行する場所ごとに意識して運転するとよいかと思います。

たとえば、トンネルの出入り口、橋の上、海岸沿い、風を遮るものがないような拓けた場所などは
風の影響をかなり受けやすいので、スピードを落としてゆっくり走行するようにしましょう。
 

▼天気予報をチェックする
 

暴風、強風、竜巻、などの警報・注意報が出ているときは特に注意が必要です。
なるべく運転しないのが一番ですが、やむを得ない場合は十分に注意して走行するようにしましょう。

 

また、高速道路を運転している場合は
吹き流しが風の強さを表しているのでチェックしてみるとよいでしょう。

吹き流しが地面と平行になっている場合、風速が10m/s 以上になる目安ですので注意してください。

 

 

風の強い日に運転をする場合は
速度を十分に落として車間距離をしっかり保ち、運転をするようにしましょう。